Feeds:
投稿
コメント

花の季節

いつも花の季節の様な弓削島。
花壇のこぼれ種から拡がったのか、道端にも可愛いお花が咲いています。

野草と雑草と花壇の花の違いって、咲いている場所によって違う事もあるのかな。
弓削島に咲いてる花も、ちょっとノンビリ幸せそうです。

弓削の夕日 Sunset in Yuge

 

撮影 齋藤利江

 春はまだかなぁと思ってる間に、気がついたら4月。春です。

春らしい日も多くなり、私たちスプリンゲット(springett 春よ来い)家にはピッタリの季節。

日も伸びたので、夕陽が沈む時間が遅くなりましたが、とにかく空が綺麗な弓削島で観れる夕陽はとても綺麗です。

特に1月2月には、佐島と生名島に掛かる橋の間に夕陽が沈むのが弓削側から観れるのですが、とてもロマンチック。

島の子供達にとっては、普通の日常なのでしょうね。オレンジ色の中を友達とお喋りしながら夕陽には目もくれずに歩いて行きます。

海岸沿いの通学路も、考えてみれば素晴らしいルートです。

住み始めると慣れてきて、これが当たり前になってきますが、何気ない素敵が沢山散りばめられた島、弓削島です。

Waiting for spring to come when I realized it is already April!
Spring has arrived!
The days are getting longer and the season is perfect for us as our surname describes. SPRINGETT!!

The sunset time is getting later everyday now and the clear Yuge air produces a beautiful sunset all year around. Winter sunset is especially beautiful as the sun sets through the Ikina Bridge.
It is just another normal sunset for the local kids, they just chat away with friends in a beautiful orange light without a glance at the sunset.
The school walking route is one of the best sightseeing sites when I think about it.
We’ve been here long enough now that we sometimes forget how beautiful life is in Yuge Island.

 
 あっという間に一年以上が過ぎ、ビックリしています。
こんにちは、ひろみです。
陸から海へというブログでしたので、陸に住み始めたこともあり、このブログは一旦終了にしてもいいかな?と考えていました。
でも、先日、海を見ながら外を歩いて、ふと思ったんです。
この小さな弓削島は恵まれた海に囲まれていて、陸というより海に住んでいる感覚に近いかもしれないって。
そんな事を思ったら、これからはこの島の事を書いていきたい!と、また投稿を始めようと思いました。

まあ、弓削島自慢ばかりしちゃうかもしれませんが、ぜひお付き合いください。
そんな事で、今日はこちらの冬について。
瀬戸内海は気候が穏やかだと聞いていましたが、ここはその中でも特に穏やかだと思います。
私は冬が本当に苦手で、冬の間は冬眠ができたら良いのにと冬の間は夢に見るくらいでしたが、ここに来て、冬の寒さも良いなぁと余裕ができるようになりました。
これは、約半世紀生きてきて、初めてかもしれません。
零下になる事はほとんど無い。晴れの日が多く、強風もあまり吹かない。そして、冬の間も自然が綺麗な色を他の季節同様見せてくれるから。
今年この中国地方を襲った寒波の中でも、パラパラと風花が降ったくらいで、ホントに穏やかでした。広島と四国にどんより雪雲がかかっているのを、晴れて青い空が出ている弓削島から眺めるのは、なんとも言えない気分。テレビで広島や四国側に大雪注意報が出ているのを見てもピンとこないほど、寒くないのです。
寒くないと言ったら大げさですが、骨身に染みる寒さじゃないのです。
そして、冬の夕陽の綺麗な事と言ったら! 
次回は、朝陽と夕陽について話そうと思います。
Already we are in Feb 2017, my last post was in Oct 2015. The time really flies!  
This blog started out telling of our departure from a land based lifestyle to life on board, and I was thinking of stopping as we now have been in the lovely land life in Yuge island for a couple of years.
However, when I was strolling around the neighborhood looking at the sea, I realized that this lifestyle is almost like living on board rather than living on land, as this small beautiful island is surrounded by a sea full of riches.  
I feel like writing how great this place is and want to brag about this island, so I decided to start writng again.  
Today’s post is about the island winter.

It is a well known fact that the weather in the inland sea is milder than the surrounding areas. 

And it is so true. I hate cold weather and always day dream about hibernating.

This is my first time in my half a century life that I enjoy winter days.  
I think it is because it rarely get below zero in this island, longer sunshine hours and is sheltered from cold winds. Yuge shows us the many different colors from nature even in winter.   
Recently we had a terribly cold front come in from Siberia and it dumped lots of snow even in the Chugoku area where we belong. But we didn’t have any bad days at all! We had a few hours of wind blown of snow but that’s it!

It was strange to see the heavy dark snow clouds in Hiroshima to the north and Shikoku to the south. Yuge was under a blue sky and the sun was shining. We felt separate when we saw the weather on tv showing heavy snow in Hiroshima and surrounding areas. We don’t have the bone chilling cold weather here in Yuge island.  
The winter time the days are very clear and the sunset is magnificently beautiful.
Next post, I would like to talk about sunset in Yuge.   

弓削島の香る秋

I don’t like saying good bye to summer but the autumn fragrance encourages me to step forward to colder months. 
The fragrance of Kinmokusei is the mark of autumn. It is an amazingly beautiful smell especially when I open the windows in the morning and later in the afternoon walking outside. The tree itself is not a magnificent, it carries lots of little orange flowers.  

It is called fragrant olives in English. Osmanthus fragrans in Latin.  
Cycling around town this time of the year is very pleasant and fragrant.  

There are many flowers blooming and the persimmons and figs are ready to eat on the trees.  

Lemons and other citrus are waiting for winter harvest.

Another lovely season in Yuge Island.
夏が大好きなので、涼しい季節になってくると淋しくなるのですが、ここ弓削島の秋の幸せな香りや彩りは寒くなる季節に向かって気持ち良く私を導いてくれる様な気がします。
今、弓削の島はキンモクセイの香りと色んな花が咲き乱れて、香しい世界です。
特に朝、窓を開けた時の空気は何とも言えません。キンモクセイの香りがそよそよと流れ入ってきて、幸せな気分にしてくれます。

夕方、外を歩いていても、自転車に乗っていても、何処からかキンモクセイの香りがして顔がほころんでしまいます。
青く澄んだ空のいわし雲に遠くにはっきり見える四国や本州の緑、色々な花が庭のあちこちで咲き、柿やイチジクが実り、レモンやミカンなどの柑橘系の実も黄色くなるのを待っている。そんな香しい嬉しい弓削島の秋です。
   
 

あっという間の2ヶ月です。
自分達の納得のいくグッとくる理想の地を求めて奄美大島から航海をしてきました。

そして、見つけちゃいました!
瀬戸内海に浮かぶ弓削島。一目惚れと言っても過言でないかも。
島のみなさんの助けがあって、素敵なお家を借りる事もできました。ティアレを係留する場所も見つかりました。

さあ、何が始まるかな?

Time flies!

It’s been two months since the last post. 

We had been sailing and searching for our best settling spot for us and the boat, and fortunately found the place! We felt right as soon as we landed on the island. 
It’s Yuge Island in Inland sea Setonaikai. Fabulous place. 
The islanders were super friendly and helpful.

They put lots of time and effort to find a rental property which is quite hard to find around here and they helped us finding a mooring spot for our catamaran. 

        

 

只今、九州航海中。

現在、九州東岸北上中。

何十年ぶりかの5月台風、地震、梅雨前線の影響などで、南西諸島を渡るのに時間が思いの外かかってしまいました。

現在も、梅雨前線とにらめっこしてます。

屋久島近く、綺麗な朝日。この後、天候不順に。

屋久島近く、綺麗な朝日。この後、天候不順に。

鵜戸神宮。40年ぶりに。お礼参りができた。

鵜戸神宮。40年ぶりに。お礼参りができた。

日南市の飫肥城。お気に入り。

日南市の飫肥城。お気に入り。

image

軽油を船まで運ぶ。軽トラのタンクで近くまで来てくれた。

軽油を船まで運ぶ。軽トラのタンクで近くまで来てくれた。

この日がやってきてしまいました。

名残惜しいですが、北上します!

素晴らしい体験をありがとうございました。台風の影響が少なければずッと居たい!第二の故郷ができました。

Reluctant to say good bye but time to leave this wonderful island of Kakeroma.

Thank you very much for your support and lovely experience.

We wish we could here forever. It became our second home.

image image image