Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘ヨット Yacht’ Category

あっという間の2ヶ月です。
自分達の納得のいくグッとくる理想の地を求めて奄美大島から航海をしてきました。

そして、見つけちゃいました!
瀬戸内海に浮かぶ弓削島。一目惚れと言っても過言でないかも。
島のみなさんの助けがあって、素敵なお家を借りる事もできました。ティアレを係留する場所も見つかりました。

さあ、何が始まるかな?

Time flies!

It’s been two months since the last post. 

We had been sailing and searching for our best settling spot for us and the boat, and fortunately found the place! We felt right as soon as we landed on the island. 
It’s Yuge Island in Inland sea Setonaikai. Fabulous place. 
The islanders were super friendly and helpful.

They put lots of time and effort to find a rental property which is quite hard to find around here and they helped us finding a mooring spot for our catamaran. 

        

 

広告

Read Full Post »

あけましておめでとうございます!

今年も行きますよ〜。

春には、北上する予定です。

去年も沢山の出会いがあり、また家族やお友達に沢山助けて頂きました。

本当に感謝しています。いつもありがとう〜。

Read Full Post »

黄金色の航海を経て、ボルネオ島到着。
波風一つない湖のような入江に停泊してグッスリ睡眠をとった我々。

7月23日
07:30 電話回線が繋がる様になったので、passage weather を確認。
あまり強風にさらされることもなさそうです。いざ出航!
予報通り、朝の陸地からの風が止み、モーターを稼動させました。
陸地に近いせいなのか満月の影響か潮の流れがきつく、今までのようにスムーズに進めません。
3.5ノット。のろのろ。
潮の満ち引きを確認したところ、昼間の間は満潮の山が続き、北から南へ潮の動きがある様子。
潮が大きく引き、潮が南から北へと変わるのが満月が輝く夜間。
北東平和そうな向う私達は、思い切って夜間も続けて航海することにしました。
17:30 予想通りに日暮れと共に南西からの風が出て、走行速度が上がります。
モーターを止め、帆だけで進みます。6ノット。。
オートパイロットを止めて星と羅針盤を頼りに私が舵を取りました。
器械音が全く消えて、とても爽やかです
私が自主的に舵を取るのは初めてのこと、仮眠をとっていた夫は目覚めてビックリ感動していました。
7月24日
02:00 日付が変わると風も止み、モーターを着けました。
ここからは、やはり昨日と同じ様な潮の動きでノロノロと進みます。3.5ノット。
昼間、風もうねりも無い海の上を、時々船に驚いたように海蛇が逃げて行くのに出会います。
河口付近には流木の大木がプカプカ浮いていて、危ない危ない。
海鳥が流木を宿り木にして、気付かせてくれます。
やはり前日と同じように風が出て潮が変わりましたが我慢。
錨を安全そうな場所に下ろし、しっかり休憩を取りました。
7月25日
08:00 すごく良い風。うねりもありません。
帆だけで5ノットで進みます。
10:30 風も弱まったので、モーターも稼動。
マレーシアは立派な原油国、海の上に大きな油田が沢山見えます。
少し沖合に出たので潮の影響が少なくなり、夕方まで平均5ノットでのモーターセーリングになりました。
16:30 また南西からの良い風が吹き始め、潮が変わりました。
次の予定停泊地まで、まだ30海里あるので、航海をもう少し続けることにしました。
帆だけで6ノットの気持ちの良い航海。
23:10 予定停泊地に到着。錨を下ろしました。
7月26日
07:30 南西の良い風、6ノットで進みます。
09:40 雲行きが怪しくなってきたので、帆を下ろしました。
モーターで6ノットでも航海。
予想通り、どしゃ降りの雨が訪れました。大雨が船の汚れを落としてくれます。
西から上がって来た雨雲は良い風で船を後押ししてくれます。
16:00 雨も止み、最終目的地メリマリーナのすぐ近くに錨を下ろしました。6ノット。
7月27日
10:30 昨日よりもうねりがあります。右サイドモーターのリバースピン(後退時にプロペラを固定するピン) がどうしても入らないので、次男が海に飛び込みロープでプロペラの軸部分を結び固定してくれました。
12:00 後退もきちんとできるようになり、満潮になったのでマリーナに向かいます。
マリーナの狭い入り口へ、うねりに乗って流れ込むように入りました。
外のうねりがウソのように穏やかなマリーナ。
13:10 静かな平和そうなミリマリーナ、最終目的地に到着しました。
これからどんな出会いがあるかな? とても楽しみです。

Had a great rest after a wonderful moon-lit passage, anchored in a calm waters, as still as a lake south west of Kutching.

23/07
07:30 back on phone coverage, we checked passage weather. Forecast looked pretty mild weather without strong easterly.
Set sail.
As forecasted, morning land breeze disappeared. Started starboard side motor.
We couldn’t sail as smooth as the crossing, probably because of full moon and big landmass near by.
3.5 knots chugging along.
Checked the tide chart, day time looked like having high tide period and currents moving North to South along the coast.
Low tide seemed to arrive during evening with South to North current flow. We were heading North so decided to continue sailing over night.
17:30 As we predicted, wind arrived from South east, sailing speed bumped up.
Stopped the motor and just sailed. 6 knots.
I was on my shift and decided to turn off the auto pilot and steered manually using stars and compass for bearing.
It was my first time actually hand steered voluntarily.
My husband woke up from a nap with a surprise and he was impressed.

24/07
02:00 the date changed so did the wind. It stopped and we turned on the motor.
Since then, Tiare crawled slowly all day long. 3.5 knots.
10:00 No wind and no swell, during the day spotted many sea snakes escaping from our path.
Huge logs floating near the river mouths, sometimes almost an entire tree.
Had to keep an eye on those nasty destroyers on the water all the time and sea birds perching on logs made a big help spotting them. 3.5 knots.
17:30 same as yesterday, wind came up but we decided to drop anchor to have a good rest.

25/07
08:00 good wind, no swell. Sailed with three sails no motor. 5 knots.
10:30 wind died down, turned on the motor.
Saw lots of oil rigs and oils fields on the way. Surely Malaysia is a big crude oil producing country.
Away from shore and not so effected by the currents, we did average of 5 knots.
16:30 Again nice breeze came up from South west and tide turned.
Made a choice to continue sailing a little longer to a planned anchoring point 30 nautical miles away.
Had a great smooth sail without motor. 6 knots.
23:10 anchored at planned point.

26/07
07:30 Good wind from south west. Sailing with three sails at 6 knots.
09:40 the sky didn’t look promising and turning darker, we dropped the sails and turned on the motor. Heavy down pour! It washed Tiare nicely.
Still doing 6 knots with motor and pushed by a south westerly created by the storm.
16:00 Rain stopped and anchored just outside of Miri Marina our finally destination for this trip.

27/07
10:30 quite a swell throughout the night and still continued next day.
The reverse pin wouldn’t go into the starboard side motor, so Tom jumped into the water and tided the rope around the propeller leg to stop pushing backwards.
All well now, time to access to marina.
Tiare rode on the wave to get into the small marina entrance.
Entered Miri Marina, surprised how calm inside the marina was. Very peaceful.
13:10. Arrived final destination.

We are looking forward to meeting more fabulous people in Miri.

20130805-111248.jpg

20130805-111323.jpg

20130805-111354.jpg

20130805-111425.jpg

20130805-111447.jpg

20130805-111505.jpg

20130805-111606.jpg

20130805-111625.jpg

Read Full Post »

風と波の予報を passage weather でチェックし良い時期を狙い、いざ出航!
まずはティオマン島から南東約30海里にあるペマンンギル島まで行き、日の出を待ちます。
ここから330海里をノンストップでの航海です。
一日目の午前中は南東からの良い風に恵まれ平均7ノットで進みました。
お昼過ぎ、第一関門の貨物船やオイルタンカーなどが行き交う航路にぶつかります。
ここはマラッカ海峡と東アジアをつなぐ重要な航路。
でも 思っていたほどの数の大きな船が通ることもなく、約6時間で渡り切りました。
夜になって風もなくなり、少々うねりも出て帆を下ろしモーターを稼働。平均6ノットで進みました。 満月の光が温かく見守ってくれました。
二日目は日の出と共に風が出て、帆を上げモーターを切ります。 モーター音が止まると同時に船首にあたる波の音が心地良く聞こえて心地よいこと!
時折風が強まりスピードも10ノットに上がり、エキサイト。
平均6ノット〜7ノットでの航海です。
満月の優しい光に導かれるように、波の音だけが響き渡る静かな航海。
帆船最高!これぞ帆船の醍醐味と言えるでしょう。
第二関門はインドネシアの島々の間の通過です。 マレー半島とボルネオ島の間にはインドネシア国境が伸びていて、沢山のインドネシアの島々があります。
でも、海賊船がいるとか、島に近付くとインドネシアのパトロール船が来て、大金を要求されるとか、怖い噂を聞くのでスルー。
結局、一度だけ漁船が遠くに見えるだけで近くに来る船も何もない静かな夜でした。
さてさて三日目、この日も帆だけの航海。 マラッカ海峡沖での航海ばかりだった私達ですから、モーターを使わない航海は新鮮そのもの。 水深70メートルの海の色は藍色に近い素晴らしい色です。
日が沈むと順番を待っていたかのように満月が顔を出し、ほとんど波も立たない水面をキラキラと照らしてくれます。 黄金に輝いて、まるで金色の絨毯です。
ティアレは静かに、でも確実に6ノットのスピードで月の作る光の絨毯の上を吸い込まれるように進みました。 ボルネオ島の最初の予定停泊地までたどり着きましたが、 このまま、錨を下ろさずに、まだ先に進もうか? 疲れているにも関わらず、航海を続けたくなるほど夢のような素晴らしい航海の夜でした。 ボルネオ島到着、新境地です。
最終目的地ミリマリーナまで、まだ300海里。ここから何日かかるかな?

Checked the wind and the wave using the website passage weather , we sailed out from Tioman Island in a good condition.

First, we sailed down to Pemenggil Island 30 nautical miles south east of Tioman.
Waited until break of dawn, set sail towards the west tip of Borneo. To be a 330 nautical miles passage non stop.

The first day, lovely breeze from South East was present and we sailed with average of 7 knots in speed.
Around lunch time our first challenge came along.
“South China Sea Shipping lane”
It is a major shipping lane connecting malacca straits and East Asia.
Luckily we didn’t see many cargo ships crossing and we passed the lane with ease. It took us 6 hours to cross the lane.
Night arrived and the wind left. It We had to pull down the sail and use a motor. It had a little swell and we motored all night long. The full moon was watching our journey.

The second day, the sun brought a nice wind from south east.
We put up the sails again and turned off the motor.
Very pleasant wave sounds surrounded us. Now we could hear it well without the deep motor noise.
Sometimes wind got gusty and speed went up to 10 knots.
Our heart rate went up as well with excitement.
We sailed average of 6-7 knots that day.
It was a beautiful clear night and we were guided by a kind moon light and gentle waves to a peaceful passage.
What a fantastic feeling! This is sailing all about!!

Second challenge was passing through Indonesian islands.
Between Malay peninsula and Borneo there lays Indonesian territory and there are several Indonesian islands on the passage.

Some rumours about pirates and dodgy indonesian patrol boats we heard, decided to pass though the islands quietly as possible.
After all we didn’t see any ship or light except a few fishing boats in a distance in entire evening.

The third day came greeted by a good steady wind from south east and we continued sailing without a motor.
We were so used to motor in malacca straits, so it was sensational experience sailing without a motor.
70 meter deep water was amazingly beautiful colour like indigo.
Night arrived and the moon came up straight away as if it waited her turn, shining the surface of calm water.
Golden in colour, it was almost smooth gold thread carpet in a fantasy story.

Tiare calmly but steady sailed in 6 knots following the shimmering carpet rolled out from the moon.
Although we arrived to the anchorage we planned for the first stop in Borneo, we wondered if we should have continued following the magnificent path the moon created even we were very exhausted.

The night was too magical to stop but finally we decided to stop for the night.

Now we crossed Soth China Sea and our new world Borneo.

Final destination Miri marina is still 300 nautical miles away.
Wonder how long it takes….

20130730-162832.jpg

20130730-162909.jpg

20130730-162939.jpg

20130730-163011.jpg

20130730-163042.jpg

20130808-150007.jpg

Read Full Post »

皆さん、お久しぶりです。 六月下旬、一年以上お世話になったマレー半島西海岸のパンコールマリーナを出航。 先週、東海岸のエンダウ川の河口にある小さな造船所で、私達のカタマラン・ティアレの船底に防汚塗装をしました。 造船所で陸揚げするのは初めてだったので、ドキドキでしたが、全てスムーズに行きました。 前回、ランカウイの小さな島の岸に乗り上げた時は、塗装にソフトタイプの中国塗料・シーテンダー20を使用しましたが、今回はハードタイプ・PPGシグマエコフリート238Aを使用。 通常、ソフトタイプは動きの少ない船舶 (内航船)、ハードは貨物船など速い船舶 (外航船)に使われるようですが、ヨット乗りの方々からの勧めで今回使ってみました。 両方ともは自己研摩型防汚塗料で亜酸化銅タイプです。 傷ついて塗装が剥げてグラスファイバーが見えてしまった箇所には、グラスファイバーが傷つき本体部分に海水が入らないように、グラスファイバーを当て直しエポキシ樹脂の接着剤で保護、水面下の部分には、その上に金色のコールタール・TCPのビニール樹脂塗料を塗り防水加工。 防汚塗装は、合計三回。全体に二回、摩擦の多い船首、水面部分、岸に揚げた時に砂地に入り込む船底の一番低い箇所に三回塗装しました。 一年以上、マリーナにいてフジツボや海藻で覆われていた船底でしたが、すっかり綺麗になって船も嬉しそうです。 もちろん、進むのも速くなって、2ノットは確実に速くなりました。 旅の続きはまた今度。

Hi everyone. Long time no see. We left Pangkor Marina in the middle of June where we called it our town for more than a year. Last week, we did antifouling our catamaran Tiare at the small shipyard by Endau river mouth in East Malay Peninsula. It was our first haul out onto a shipyard so quite a nerve breaking, however all went very smoothly. Previously, we used a soft type antifouling paint Chugoku paint, Seatender 20 when we beached Tiare on a small island in Langkawi. This time, we used hard type coat PPG.Sigma Ecofleet 238A. Both self polishing copper base paints and do not contain TBT. Usually hard type is used for fast moving vessels and soft one is for slow moving vessels but this time we tried hard coat from recommendations from other yachts. Tiare was on mooring more than a year and covered with barnacles and seaweed. Now cleaned and painted, it looks happier. It goes faster too and definitely 2 knots faster than before. Our journey continues and stories to come. 20130715-223930.jpg 20130715-224554.jpg 20130715-224637.jpg 20130715-224746.jpg 20130715-224817.jpg 20130715-224901.jpg 20130715-224930.jpg

Read Full Post »

アンカーチェーンの錆が気になるので、亜鉛メッキ工場でチェーンに亜鉛メッキを施してもらいました。

まだ新しいチェーンなのに、マラッカ海峡の海底土壌に何か理由があるのか、腐蝕が結構すごい。
マリーナに帰ってきて、水でチェーンをよく洗いながしても黒光りしていたのを思い出します。
このマラッカ海峡で錨を下ろすのは、チョッと溜息がもれます。
理由は錨を上げた時の錨と鎖の様子。臭い泥がベターっと付いて上がってくるからです。
そんなチェーンを捌く手も臭くてベッタベタ。
あのベッタリが腐蝕の原因なのでしょう。防錆用の亜鉛メッキを喰われてしまうようです。

物知りのヨット乗りに見てもらったら、亜鉛メッキをし直せば、なんてこと無いとのこと。
命綱でもあるチェーンですから、メンテナンスはキチンとしないといけません。

幸運にも、車で3時間程のバターワースという所に評判のいい工場があるので、朝早くチェーンを運びました。ダブルディップ (二回 メッキ漬け) でオーダー。防錆の効果が高くなります。
仕上げ迄に4日間かかりましたが、満足の仕上がりです。

20120916-130805.jpg

Read Full Post »

今日の授業は発電機の組み立てです。

ガソリンからACアウトプット220V ホンダ EU 20i

実はディンギーで移動中、海水にちょっと浸かってしまい、動かなくなっていたんです。
修理に持って行ったところ、この辺りでは修理は無理と言われたので仕方なく分解してみました。

すると、コイル部分が錆びているだけの様子、自動車修理工場へ持って行き、新しく巻き直してもらいことに。

新しくなったコイルが帰ってきたので、これを発電機に戻して組み立てるのは興味深く勉強にもなるので、早速授業に取り入れました。

さあ、チャンと元通りになるかな?

アップデートしていなかったので、遅くなりましたが報告を。
きちんと元通りになり、使用できるようになりました。

これに続くプロジェクトは発電機の防音ボックス作りです。

20120913-113841.jpg

20120916-150423.jpg

Read Full Post »

Older Posts »