Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘家を売る Meelup’ Category

借家に引っ越して、3日目になりました。

 

子供たちはテレビゲームに夢中です。
タンゴ君も吠える事もなく、落ち着いています。
シャワーがチョロチョロしか出ないニュージーランドの普通の住宅にも、慣れてきました。
夏で良かった!
だんだん荷物も片付き始め、少し家らしくなってきました。
12月1日が所有地の引き渡しの日。
MEELUP (ミーラップ)町名も番地もない田舎の土地にそう名付けました。
西オーストラリアの思い出深い素敵な海岸の名前です。
アボリジニー(オーストラリア原住民)の言葉で「海と月が出会う場所」という意味だそうです。
そのミーラップとも本当にさようならです。
私は会社に通っているので、もう心の準備ができているような気がしますが、
夫のダニエルは引っ越しでミーラップと借家と行ったり来たりで忙しい事もあり、かなり不機嫌です。
たぶん一番彼がミーラップを手放すのが辛いと思うので、そっとしておいてあげています。
週末は家族でミーラップに掃除に出かけます。
その時は、きっと自分たちの失う物の大きさを再確認することでしょう。
でもそれと同時に、ミーラップが与えてくれた沢山の思い出と大きな勇気を心いっぱい詰め込んで、
帰ってこようと思っています。
子供たちともご飯を食べながら話しました。
土地は持ってはこれないけど、ミーラップのスピリットは一緒に連れて来ちゃおうねって。
去ることを悲しまないで、素敵な思い出が沢山できたことに感謝して喜ぼうねって。
一歩踏み出した私の後ろで、ミーラップのドアが閉まりかけています。
私の背中は思い出でとても温かくて、ミーラップのやさしい空気がそっと私の背中を押してくれているようです。
掃除が終わった日曜日は、ゆっくりミーラップと語って、ありがとうを伝えたいと思います。

ミーラップから見える山

Read Full Post »

ただいま引っ越し中でして、家の中は売り出し中だった一ヶ月前とは打って変わって、すごい事になっています。

そんな中、子供達は順応性があるのか、鈍感なのか、荷物がつまれた狭いスペースの

家の中

中で、レゴでロボットを作ったり、本を読んだりして遊んでいます。

「いつ、街に引っ越すの? 明日?」と8歳の三男坊。

「引っ越したら、すぐにPS3買ってくれるの?」と11歳の次男坊。

15歳の長男は、「おれは、一日先に行って、一人で借家に泊まってみようか?」である。

私が働きに、子供達が学校に行っている間、夫のダニエルは、朝から晩まで引っ越し荷物を一時預けのガレージに運ぶため、市内を行ったり来たりしているというのに。。息子達のこのような脳天気な発言にちょっとムっとしてしまう私。

「でも、もうすぐこの場所とはお別れだよ〜。」そう言ってから、私はふと考えた。これは、子供達が先に起こることを見る事で、ここを離れるという寂しさを紛らわしているのではないかと。

この場所にありがとう&さようならを言う日が近いのを、みんな知っている。

最後の日は、ゆっくりとこの場所を感じて、色々な事を学べて素敵な大切な時間を沢山作ってくれたこの場所に感謝をしたいと思う。

Read Full Post »

ひょっこりと、友達のポーリーンから電話が入った。家が売れた事を報告、ヨットの予定が立つまでは借家をかりないといけないけど、犬もいるし結構探すのが難しいかも?という話をしたら、「あっ、うちの両親の貸家が空いてるかも。訊いてみたら?」とのこと。

早速ご両親に連絡をとり、場所を見に行った。

まあ、ロケーション的には、悪いところではないけど良くもなく、家も古いし、はっきり言って普通だったら借りない家だろうと思う。

でも、とにかく犬を飼ってもいいのは稀だったし、値段も週285ドルとこちらでは格安。

偶然の電話から得られたチャンス。これも必然なのかな?と思い、借りる事にした。

ポーリーンの父上ベンさんのテレビも使って良いとの事で (今私たちの家にはテレビは置いてない)、子供たちも大喜び。

テレビでもあれば子供たちも少しは引っ越しの寂しさを紛らわせられるだろうと思う。テレビは息子たちにとって、すごいご褒美なのである。

賃貸契約は普通最低でも半年から1年からではないとできないのだが、「ヨットが見つかるまでの間でいいよ」とすんなり言われ、本当に家族とお友達に感謝感謝である。

偶然?必然? 偶然の優しさに感謝し、自然にその偶然に身を任せていると、必然的な事が待っていると思っている。

とにかく偶然であれ必然であれ、次の住み家が見つかった!本当にありがとう。

下界の生活ははなはだ慣れていないので、町中に暮らすのに少々時間が掛かるだろう。

犬のタンゴ君はいつもは大人しいのだが、びっくりすると吠えるので、吠えない訓練をしないといけない。私たちも大声で話したり、子供を大声で呼んだりするのをやめないと。。人間も犬もこれから町生活の訓練が必要です。ピザオーブンとタンゴ君

Read Full Post »

林の中から作業場が見える

林の中から作業場が見える

今日、おかげさまで売買契約がやっと成立いたしました。

ちょっとドキドキの一週間でありました。人に話すと、全てが振り出しに戻りそうな気がして公表もできず。。今日、皆さんに報告する事ができます。ありがとう!!

まずは、家を借りないといけない。犬もいる。早く次の場所が決まりますように。

きっと、また何とかなるでしょう。空が青いから!

Read Full Post »

この家の売却に対して、一つの条件が着いた。それは、LIM REPORT リムレポートの内容次第という条件だった。こちらでは、かなり普通にこのレポートが家や土地の売買の時に使用される。リムレポート(土地の状態、歴史、建築許可証明等が全て書いてあるレポートのこと。市が保管し、有料で入手可能)不良家屋の雨漏りクレームが後を立たず、2004年以降、国も保険会社からの要請もあったのだろう、不良家屋のリスクを少なくしようと建築に対して沢山の許可証や証明書の提出を義務づけた。私たちの家は、1999年からのろのろ作り続けていたので、そんな話は露知らず。なので、いろんな箇所の許可があったりなかったり。リムレポートは、成績表みたいなもので、証明書、許可証の有無が全て記載されているであろうから、インターネットで現在の建築規定や規則を見てちょっと不安になった。2004年から、建築規定が大幅に変更されているのだ。買い手が市の建築検査官と一緒に、もう一度家を見に来ますと連絡が入った時は、かなりあわてた。ダニエルはテスト前日の一夜漬けのように、朝から晩まで、ちょっと検査官が眉をひそめそうな箇所を補正したり、削除したり、大わらわ。

10月29日、買い手と一緒に市役所の建築検査官がここを見に来た時は、かなり緊張したそうだ。私は、運良く(ごめんなさい!)会社で仕事をしていたので、その場所に居合わせる事がなかった。しかし、もし私がいたら、ストレスで爪がすべてなくなってるんではないかと想像できる。検査の結果は、きちんとその時のルールに沿って作ったので、深刻な問題はなかったのだが、許可が必要なのに取得していなかった箇所、だいたいその時期には存在しなかった証明書が今は必要だとか、ちょっと難題あり。買い手もかなり疲れて帰ったようだった。それから、一週間、検査後難題と思われた箇所も、いろんな人の話を聞いて少しずつ解決して行けた。買い手も、リムレポートが手元に届いたころであろう。検査でいろんな問題点を直接聞いたからなのか、レポートを見ても、あまりびっくりしなかったといいが。それよりも、この土地の歴史や状態が、良好なので、きっと安心しているのではないかと思う。さあ、売買契約成立まであと4日。この後、私たちどうするんでしょう?! それは、また後のお楽しみ。。。

trenchmeelup

倉庫への電線を入れる溝を掘る。

Sam's room

スタジオのバルコニー

Read Full Post »

北島オークランドから見に来た夫妻がここを気に入って帰った。
連絡が入り、この土地を購入したいとの事。やった〜。売れるのか!!
また、夢が一歩近づいた。
書類にサインし、頭金が入るまでは、まだまだ決定とは100%言えないが、95%くらいは売れたのと同じ。頭金の期日は11月9日。
頭金が入った後、3週間後にはここを出なければならなくなる。

その後のこと、学校の事、船の事、仕事の事、夢に向かうには、まだまだ山がたくさんあるが、これは風と一緒に超えて行けるでしょう。

あ、それは嵐か。ははは。嵐も10年目に突入だね。

これから、すごくおもしろくなるよ、みんな。MeelupBush

Read Full Post »

MeelupKitchen今学校の春休みです。子供たちは、元気に掃除の手伝いをしたり、ギターを弾いたり。家を見に来る人もぼちぼち。今までに8世帯ほどが見に来た。買いたがっている人が何組かいるが、まだオファーはこない。でも、かなり手応えがあり、「家族が多いから、私たちには無理だけど、とても素敵なロケーション!」「なかなかこんないい土地はないよ」と誉めてもらえるので、それだけでもうれしくなる。そう、ダウンタウンに車で15分なのに、プライバシー確保、自然確保、日当り抜群、寒い南風防止、そんなロケーションはネルソンにもそんなにないのです。私たちが、日々感動してるこの土地を同じ感覚で愛してくれる人がいたら、いいな。きっと、そんな人に巡り会えるでしょう。がんばれ〜。

Read Full Post »

Older Posts »