Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘海外生活’ Category

Late afternoon on last Sunday, we had a few cute visitors.
Two little dogs! The owners heard we had a dog on board and came to see Tango.
They invited us to the marina top deck for Dogs Day.
So, we took Tango to the party.
It was wonderful to see happy healthy dogs again.
Surely Miri is Chinese city and people look after the dogs very well.

We don’t have to worry too much about Malays ( they are not allowed to touch dogs) so Tango usually untied and loose on the boat.
He usually walks around on the boat changing his area to snooze and occasionally spot fishes jumping.
Sometimes he gets jealous and moan when cats get fed a fish by a fish farmer on the other side of our pontoon.

Probably because of fresh air and lower temperature, he looks happier and relaxed so as we.
We no longer walk with Tango at night being anonymous.
Tango goes for walk late afternoon with boys and sometimes go and say hello to security guard’s dog named Pau.
Such a great feeling to be free from invisible mental restrictions.

日曜日の夕方、可愛いお客さんが来てくれました。二匹のワンちゃんです。
私達が犬を飼っていると聞いて、訪ねてくれました。
これから犬の日があるからと、マリーナの広場に誘ってくれたのでタンゴと行って見ました。

元気で幸せそうなワンちゃんを見るのは久しぶり。最高です。
やはりここ美里は華僑の都市ですね、犬をちゃんと可愛がっています。

マレー人が少なくて、あまり気にしなくていいので (彼らは宗教上、犬に触ってはいけない)、ここではタンゴは普段繋がれずに過ごしています。
時間によって昼寝をする場所を変えながら、魚がジャンプするのを見たり、
お隣の桟橋で魚の養殖をしているおばさんが猫に魚をあげてるのを見て、時々ヤキモチ焼いて文句言ったり。

多分綺麗な空気と気温が低いからでしょうか、私たち同様タンゴも幸せそうな感じがします。
もう夜になって、静かにタンゴの散歩をしなくてもよくなりました。
今は、夕方子供達がタンゴを散歩に連れ出します。時々、警備員さんの犬のパオ君に会いに行ったり。
見えない心の規制から解き放たれることって、こんなにも気持ちを楽にするんですね。

20130815-164924.jpg

20130815-165033.jpg

20130815-230931.jpg

広告

Read Full Post »

Borrowed a car for a day and went for a tiki tour.
Headed to the highest point of Miri town called Canada Hill the first in Malaysia where oil was discovered in 1910.
There stands the first oil well called “Grand Old Lady” and we can see a 360 degrees view of Miri town.
There is a museum of Petroleum but it was closed for upgrade when we visited. It looked like closed for several years….we were quite disappointed.
We got on the car and went to public park called “Taman Awam Miri” Very well maintained park with lots of swing bridges. There was a nice paddle pool and children having fun there.
Lovely atmosphere and great to feel fresh and green.

車を一日借りて、ちょっと周辺ドライブ。
美里で一番小高い名所、カナダヒルへ行ってみました。
ここからミリの町が360度見渡せます。
ここは、1910年にマレーシアで最初に油田が見つかったところで、今は記念塔としてマレーシア最初の油井「グランドオールドレディ」が建っています。
石油博物館が建設されているのですが、残念ながら改装のため閉鎖中。随分長い間閉まっているようです。ちょっとガッカリ。
気を取り直して、タマンアワム公園へ行って見ました。
かなりしっかりした施設で沢山の吊り橋があります。プールで子供達が遊んでいましたよ。
素敵な雰囲気で、ゴミもなく気持ちの良い場所でした。

20130808-164930.jpg

20130808-164942.jpg

20130808-165001.jpg

20130808-165018.jpg

20130808-165037.jpg

20130808-165045.jpg

20130808-165059.jpg

20130808-165134.jpg

20130808-170055.jpg

Read Full Post »

Miri Marina is a very basic small marina in Miri city. Miri is written in Chinese characters 美 beautiful 里 village.

Miri is located in northern Sarawak population of 350,000.
45 minutes to Brunei border and direct regular flights to Singapore, Kuala Lumpur and various malaysian cities.
Nearby forests and jungles along with the South China Sea create a beautiful fresh air.
Majority of residence are Chinese, and then lban (native Bornean ) and Malay to follow.
It is a cosmopolitan city 17 ethnic groups reside in Miri.

The day after we arrived, our friends invited us to visit city centre morning market to buy pork and fresh vegetables by car. They arrived in the marina a week before us.
We went by car, but the city centre is only 10 minutes bicycle ride away.
We were pleasantly surprised by the cleanliness of the city and the market.
In Malay peninsula, generally we were reluctant to shop at the market due to hygiene issues.
However Miri impressed us totally. No litter nor smell and hygienic!
Some girls proudly selling their own grown vegetables along with smiley old guys selling interesting vegetables.
When I was buying some fresh tomatoes, elderly woman noticed I was a tourist. She told me about the local sweet potatoes and bought me some to taste. So nice!
It was a very relaxed market with a good atmosphere all around.
Is it because of a fresh air in the city?
I bought many kinds of fresh local vegetables and managed to get some tasty sirloin pork.

Felt a little peckish and had a very tasty noodle with reasonable price. 3.50RM for noodle and 0.80RM for Chinese tea. It was a perfect morning.

The air is fresh and the city is clean. Miri is a lovely city as the name mentions. Beautiful 美里village.

今係留中のミリマリーナはミリという市にある小さなマリーナ。漢字で美里と書きます。

ミリはサラワック州北にある人口約35万人の都市。
お隣の国ブルネイの国境まで車で45分、シンガポールやクアラルンプールからの直行便が入る国際空港もあります。
周辺の森やジャングル、そして東シナ海のおかげで空気が新鮮です。
人口の半分以上が華僑で、イバンと呼ばれるボルネオ原住民、マレー人と続き、17以上の民族が暮らしているコスモポリタンな都市です。

到着した次の日の早朝、ヨッティーのお友達に誘われて豚肉と野菜を買いに街の中心にある市場へ出かけました。
今回は車で行きましたが、マリーナからは自転車でも10分程の距離。
そこでビックリ。街も市場も綺麗なんです。
マレー半島では、どの市場へ行っても衛生面が気になって、買う意欲を失いがちだったのですが、ここは違う!
ゴミも臭いも無く、清潔。
自分で栽培した野菜を売っている女性がいたり、優しいお爺ちゃんが笑顔で野菜を売っていたり。
美味しそうなトマトを買っていると、隣でサツマイモを買っていたおばさんが、私が外国人旅行者だと分かると、「この地元のお芋が美味しいから食べてみて。」と私に買ってくれました。
嬉しい!
売り手も買い手も皆楽しそうで、のんびりしています。空気がキレイなせいでしょうか?
新鮮な野菜を沢山買うことができ、気分も上々。
豚肉はロース肉を買いました。

小腹も空いて立ち寄った飲食店で、美味しいヌードルも食べられて満足満足。ヌードル3.5RM、中国茶0.8RM。

空気も新鮮で、街も綺麗な美里。名前通りに素敵な所です。

20130807-211508.jpg

20130807-211532.jpg

20130807-211558.jpg

20130807-211638.jpg

20130807-211658.jpg

20130807-211816.jpg

20130807-212932.jpg

Read Full Post »

黄金色の航海を経て、ボルネオ島到着。
波風一つない湖のような入江に停泊してグッスリ睡眠をとった我々。

7月23日
07:30 電話回線が繋がる様になったので、passage weather を確認。
あまり強風にさらされることもなさそうです。いざ出航!
予報通り、朝の陸地からの風が止み、モーターを稼動させました。
陸地に近いせいなのか満月の影響か潮の流れがきつく、今までのようにスムーズに進めません。
3.5ノット。のろのろ。
潮の満ち引きを確認したところ、昼間の間は満潮の山が続き、北から南へ潮の動きがある様子。
潮が大きく引き、潮が南から北へと変わるのが満月が輝く夜間。
北東平和そうな向う私達は、思い切って夜間も続けて航海することにしました。
17:30 予想通りに日暮れと共に南西からの風が出て、走行速度が上がります。
モーターを止め、帆だけで進みます。6ノット。。
オートパイロットを止めて星と羅針盤を頼りに私が舵を取りました。
器械音が全く消えて、とても爽やかです
私が自主的に舵を取るのは初めてのこと、仮眠をとっていた夫は目覚めてビックリ感動していました。
7月24日
02:00 日付が変わると風も止み、モーターを着けました。
ここからは、やはり昨日と同じ様な潮の動きでノロノロと進みます。3.5ノット。
昼間、風もうねりも無い海の上を、時々船に驚いたように海蛇が逃げて行くのに出会います。
河口付近には流木の大木がプカプカ浮いていて、危ない危ない。
海鳥が流木を宿り木にして、気付かせてくれます。
やはり前日と同じように風が出て潮が変わりましたが我慢。
錨を安全そうな場所に下ろし、しっかり休憩を取りました。
7月25日
08:00 すごく良い風。うねりもありません。
帆だけで5ノットで進みます。
10:30 風も弱まったので、モーターも稼動。
マレーシアは立派な原油国、海の上に大きな油田が沢山見えます。
少し沖合に出たので潮の影響が少なくなり、夕方まで平均5ノットでのモーターセーリングになりました。
16:30 また南西からの良い風が吹き始め、潮が変わりました。
次の予定停泊地まで、まだ30海里あるので、航海をもう少し続けることにしました。
帆だけで6ノットの気持ちの良い航海。
23:10 予定停泊地に到着。錨を下ろしました。
7月26日
07:30 南西の良い風、6ノットで進みます。
09:40 雲行きが怪しくなってきたので、帆を下ろしました。
モーターで6ノットでも航海。
予想通り、どしゃ降りの雨が訪れました。大雨が船の汚れを落としてくれます。
西から上がって来た雨雲は良い風で船を後押ししてくれます。
16:00 雨も止み、最終目的地メリマリーナのすぐ近くに錨を下ろしました。6ノット。
7月27日
10:30 昨日よりもうねりがあります。右サイドモーターのリバースピン(後退時にプロペラを固定するピン) がどうしても入らないので、次男が海に飛び込みロープでプロペラの軸部分を結び固定してくれました。
12:00 後退もきちんとできるようになり、満潮になったのでマリーナに向かいます。
マリーナの狭い入り口へ、うねりに乗って流れ込むように入りました。
外のうねりがウソのように穏やかなマリーナ。
13:10 静かな平和そうなミリマリーナ、最終目的地に到着しました。
これからどんな出会いがあるかな? とても楽しみです。

Had a great rest after a wonderful moon-lit passage, anchored in a calm waters, as still as a lake south west of Kutching.

23/07
07:30 back on phone coverage, we checked passage weather. Forecast looked pretty mild weather without strong easterly.
Set sail.
As forecasted, morning land breeze disappeared. Started starboard side motor.
We couldn’t sail as smooth as the crossing, probably because of full moon and big landmass near by.
3.5 knots chugging along.
Checked the tide chart, day time looked like having high tide period and currents moving North to South along the coast.
Low tide seemed to arrive during evening with South to North current flow. We were heading North so decided to continue sailing over night.
17:30 As we predicted, wind arrived from South east, sailing speed bumped up.
Stopped the motor and just sailed. 6 knots.
I was on my shift and decided to turn off the auto pilot and steered manually using stars and compass for bearing.
It was my first time actually hand steered voluntarily.
My husband woke up from a nap with a surprise and he was impressed.

24/07
02:00 the date changed so did the wind. It stopped and we turned on the motor.
Since then, Tiare crawled slowly all day long. 3.5 knots.
10:00 No wind and no swell, during the day spotted many sea snakes escaping from our path.
Huge logs floating near the river mouths, sometimes almost an entire tree.
Had to keep an eye on those nasty destroyers on the water all the time and sea birds perching on logs made a big help spotting them. 3.5 knots.
17:30 same as yesterday, wind came up but we decided to drop anchor to have a good rest.

25/07
08:00 good wind, no swell. Sailed with three sails no motor. 5 knots.
10:30 wind died down, turned on the motor.
Saw lots of oil rigs and oils fields on the way. Surely Malaysia is a big crude oil producing country.
Away from shore and not so effected by the currents, we did average of 5 knots.
16:30 Again nice breeze came up from South west and tide turned.
Made a choice to continue sailing a little longer to a planned anchoring point 30 nautical miles away.
Had a great smooth sail without motor. 6 knots.
23:10 anchored at planned point.

26/07
07:30 Good wind from south west. Sailing with three sails at 6 knots.
09:40 the sky didn’t look promising and turning darker, we dropped the sails and turned on the motor. Heavy down pour! It washed Tiare nicely.
Still doing 6 knots with motor and pushed by a south westerly created by the storm.
16:00 Rain stopped and anchored just outside of Miri Marina our finally destination for this trip.

27/07
10:30 quite a swell throughout the night and still continued next day.
The reverse pin wouldn’t go into the starboard side motor, so Tom jumped into the water and tided the rope around the propeller leg to stop pushing backwards.
All well now, time to access to marina.
Tiare rode on the wave to get into the small marina entrance.
Entered Miri Marina, surprised how calm inside the marina was. Very peaceful.
13:10. Arrived final destination.

We are looking forward to meeting more fabulous people in Miri.

20130805-111248.jpg

20130805-111323.jpg

20130805-111354.jpg

20130805-111425.jpg

20130805-111447.jpg

20130805-111505.jpg

20130805-111606.jpg

20130805-111625.jpg

Read Full Post »

スライドショーには JavaScript が必要です。

マレー半島東海岸をエンダウ川から東へ行くこと三十海里、ティオマン島があります。
人口450人のジャングルの島です。
船でゆっくりと近付くにつれ、森の緑と花の優しい香りがしてきてワクワクしてしまいます。

ティオマン島はマレー半島東南に位置する島で国内外から沢山の観光客が訪れるリゾート地。海洋保護区にも指定されていて、サンゴ礁やウミガメも保護されています。
免税地区にもなっていて、お酒、煙草が免税対象。

国際都市シンガポールからも飛行機で50分、ちゃんと小さいながら国際空港があり、もちろん入国管理局や税関もあります。ちなみに私達はいったんマレー半島沖を出るのでここから出国。
パスポートに出国スタンプを押してもらいました。
シンガポールから165キロしか離れていないにも関わらず、海の水は透き通り魚の数や種類も豊富。サンゴ礁の色も鮮やか。西海岸のマラッカ海峡の海がウソの様です。

リゾートの島と言っても、大きなホテルが建ち並び、お土産品店が軒を並べる訳でもなく、飛行場のある島で一番大きな町には小さなメイン通りが一本走り、そこを自転車、バイク、歩きの人たちが行き来するだけ。
随分と影のある大きな木が沢山あるなと思うと、枝という枝にフルーツバットが休息中だったり。
お土産品店や雑貨屋も小さいお店がちょこちょこある程度です。
時々リゾートホテルへ行くシャトルバスが通る位で車はほとんど見かけません。
とにかくノンビリ、眠ったような島の中。

打って変わって、海の上はリゾートホテルへ向かう船やダイバー達を乗せたモーターボートが一日中行ったり来たり。村人達を乗せたモーターボートも時々通ったり。
マレー半島を往復するフェリーも頻繁に通るので、結構な活気です。
海上の交通機関の方が多く使われるのでしょう。

私達は前にきた時と同じサンゴ礁近くの砂地深水15mに錨を下ろしました。

Tioman island is located 30 nautical miles East of Malay Peninsula.
Slowly approaching to the island by our catamaran Tiare, welcomed by green fresh smell of jungle and wild flowers excited our senses.

This island is a very popular resort island situated south east of Malay peninsula. It is a marine reserve and unique flora and fauna are protected including sea turtles.
Also duty free area and alcohols and cigarets are duty free.

Only 50 minutes by as all plane from International hub Singapore, there is a small international airport which of course provide immigration and custom service.
We stamped out from Malaysia at this place as we were leaving Malay peninsula crossing South China Sea to Borneo.
Although it is 165 km close to one of the busiest port Singapore, the water is crystal clear and full of variety of fishes and corals. Unbelievable difference from Malacca straits.

There is a Main Street in the biggest town where airport is located. There is no high rise hotel or souvenir shops in a row. Motor bikes, bicycles and pedestrians pass it by slowly.
There are many shady trees and you will notice fruit bats hanging on every branches having a daytime rest.
You meet occasional shuttle mini bus transporting guests to resort hotels, other than that hardly any car you can see.
It is a very sleepy peaceful town.

To the contrary, sea shore is busy with motor boats taking guests to resort hotels or divers to dive spots. Villagers with big smiles travel by a boat often.
There are regular services between Endau or Mersing transporting goods and people.
Surely marine transport is more convenient in islands.

We anchored the same spot when we visited three years ago in a big bay near the main town in the sandy bottom close to coral reefs 15m deep.

Read Full Post »

皆さん、お久しぶりです。 六月下旬、一年以上お世話になったマレー半島西海岸のパンコールマリーナを出航。 先週、東海岸のエンダウ川の河口にある小さな造船所で、私達のカタマラン・ティアレの船底に防汚塗装をしました。 造船所で陸揚げするのは初めてだったので、ドキドキでしたが、全てスムーズに行きました。 前回、ランカウイの小さな島の岸に乗り上げた時は、塗装にソフトタイプの中国塗料・シーテンダー20を使用しましたが、今回はハードタイプ・PPGシグマエコフリート238Aを使用。 通常、ソフトタイプは動きの少ない船舶 (内航船)、ハードは貨物船など速い船舶 (外航船)に使われるようですが、ヨット乗りの方々からの勧めで今回使ってみました。 両方ともは自己研摩型防汚塗料で亜酸化銅タイプです。 傷ついて塗装が剥げてグラスファイバーが見えてしまった箇所には、グラスファイバーが傷つき本体部分に海水が入らないように、グラスファイバーを当て直しエポキシ樹脂の接着剤で保護、水面下の部分には、その上に金色のコールタール・TCPのビニール樹脂塗料を塗り防水加工。 防汚塗装は、合計三回。全体に二回、摩擦の多い船首、水面部分、岸に揚げた時に砂地に入り込む船底の一番低い箇所に三回塗装しました。 一年以上、マリーナにいてフジツボや海藻で覆われていた船底でしたが、すっかり綺麗になって船も嬉しそうです。 もちろん、進むのも速くなって、2ノットは確実に速くなりました。 旅の続きはまた今度。

Hi everyone. Long time no see. We left Pangkor Marina in the middle of June where we called it our town for more than a year. Last week, we did antifouling our catamaran Tiare at the small shipyard by Endau river mouth in East Malay Peninsula. It was our first haul out onto a shipyard so quite a nerve breaking, however all went very smoothly. Previously, we used a soft type antifouling paint Chugoku paint, Seatender 20 when we beached Tiare on a small island in Langkawi. This time, we used hard type coat PPG.Sigma Ecofleet 238A. Both self polishing copper base paints and do not contain TBT. Usually hard type is used for fast moving vessels and soft one is for slow moving vessels but this time we tried hard coat from recommendations from other yachts. Tiare was on mooring more than a year and covered with barnacles and seaweed. Now cleaned and painted, it looks happier. It goes faster too and definitely 2 knots faster than before. Our journey continues and stories to come. 20130715-223930.jpg 20130715-224554.jpg 20130715-224637.jpg 20130715-224746.jpg 20130715-224817.jpg 20130715-224901.jpg 20130715-224930.jpg

Read Full Post »

アンカーチェーンの錆が気になるので、亜鉛メッキ工場でチェーンに亜鉛メッキを施してもらいました。

まだ新しいチェーンなのに、マラッカ海峡の海底土壌に何か理由があるのか、腐蝕が結構すごい。
マリーナに帰ってきて、水でチェーンをよく洗いながしても黒光りしていたのを思い出します。
このマラッカ海峡で錨を下ろすのは、チョッと溜息がもれます。
理由は錨を上げた時の錨と鎖の様子。臭い泥がベターっと付いて上がってくるからです。
そんなチェーンを捌く手も臭くてベッタベタ。
あのベッタリが腐蝕の原因なのでしょう。防錆用の亜鉛メッキを喰われてしまうようです。

物知りのヨット乗りに見てもらったら、亜鉛メッキをし直せば、なんてこと無いとのこと。
命綱でもあるチェーンですから、メンテナンスはキチンとしないといけません。

幸運にも、車で3時間程のバターワースという所に評判のいい工場があるので、朝早くチェーンを運びました。ダブルディップ (二回 メッキ漬け) でオーダー。防錆の効果が高くなります。
仕上げ迄に4日間かかりましたが、満足の仕上がりです。

20120916-130805.jpg

Read Full Post »

Older Posts »